ひとりで悩まないでいざという時はカウンセリングを

治療の取り組み

心療内科の現在の取り組みやトレンドについて

現在、社会生活を送る中で、精神的なストレスなどで心身の不調を生じる人が大変多いです。それらの人々は通常の社会生活を送ることが困難な程までに心身の不調な状態に陥ります。そのような際に利用するのが、心療内科と呼ばれる診察科です。 名古屋などの都市部分においても多くの人が社会的なストレスから生じる心身の不調を訴え、心療内科を受診します。名古屋市だけでも心療内科を専門に行っているクリニックは、100以上あります。心療内科で行われる取り組みやトレンドは、通常の医院のように、診察を受け投薬を受けるといった流れですが、心の事が関わってくるために、初診の受診が1時間程度かかることがあります。名古屋市での心療内科でも同様に、初診の診察を長く、次回からは短い診察が行われています。

心療の診察サービスを利用する方法について

名古屋における心療内科の診察サービスを利用する方法ですが、心療内科は予約診察であるところがほとんどです。そのため、心療内科の診察を受けようとする際には、事前に電話などで予約を入れる必要があります。 名古屋市内にある心療内科でも同様で、初診の診察を予約するために事前に電話予約を入れます。現在は、社会的なストレスから心身を病んでいる人が多いため、初診の予約を取るのにも1週間待ち、1カ月待ちという所が多いです。初診の診察を終えたら、次回の診察の予約も自然と行われるので良いですが、初回の診察をとるまでが大変です。 また、心療は医師との短時間の診察や投薬だけでな回復することが困難ことが多いため、それらと関連のあるカウンセリングルームなどでカウンセリングを受けることが一般的です。

うつ病の治療について

うつ病の治療には投薬とカウンセリングの方法があります。投薬の場合は朝昼晩一日三回、精神安定剤や抗鬱剤などの薬などが処方されます。また不眠症も患っている場合は、夜寝る前に飲む睡眠導入剤も処方してもらえます。これらの薬を使った治療により、精神的落ち込みが緩和される効果を期待できます。また睡眠導入剤の場合は、眠気を誘うことが出来るので、寝付きが良くなります。ただし薬によっては副作用があり、人によっては口の渇きや手の震えの副作用を伴います。このような場合は、主治医の先生に副作用のことを伝えておきましょう。副作用が重い場合は、薬を一部変えることもあるので相談しておくのが得策です。また投薬治療の他には、カウンセリング療法があります。定期的に心理カウンセラーと一緒にカウンセリングを行い、今まで誰にも話せなかったような悩みや苦悩を打ち明けることで、心の調子を取り戻せます。名古屋の心療内科では、このカウンセリング療法をメインに行っている所もあるので、自分の性格に合った治療方法を選ぶことができます。